朝日小で地域の唄作り

11月7日、朝日まちづくり協議会の主催で、「グラゼロの授業」と題して地域の唄作りを朝日小学校の児童5、6年生が行いました。

今回の唄作りでは、朝日町在住のイクミさんが所属するGROUND ZERO(グラゼロ)やG2といったレゲエユニットが子供たちに指導し、みんなの想いが詰まった、地域で長く残る唄作りを実施しました。

 

曲作りの前にはG2によるレゲエの披露もありました。

グラゼロのイクミさんには、レゲエのルーツや音楽を通じて仲間と出会えたこと、仕事を別に持ちながらでも、郷土に住み続けて地元の魅力を音楽活動を通して発信している事などを子供たちに語っていただきました。

 

曲作りでは、子供たちに実施した事前のアンケートで集めた地元の好きな場所、好きなものなど、地域の関連ワードを選びながら、韻を踏むための言葉探しなどを一緒に行いあっという間の一時間を過ごしました。今回の歌詞は曲の1番の部分となり、2番は11月21日に中学生が作詞する予定です。